障害年金とは

障害年金とは、ケガや病気が原因で働けず、日常生活を送る上で支障のある人に支払われる年金、または一時金です。障害年金の制度は非常に複雑で、作成書類やその種類も多く、請求書類提出完了までは手間と時間がかかります。ここでは、その障害年金について、ご説明します。

障害の原因となった傷病について初めて医師に診断を受けた初診日までに、保険料の納付率が一定以上ある20歳以上であれば受けられます。しかし、20歳前で保険料納付が全くない人でも障害年金を受けられる20歳前障害年金もあります。

また、障害年金は初診日に加入している年金の種類や年齢で、受給される金額は異なります。障害年金には、障害基礎年金と障害厚生年金があり、障害年金を受給するには初診日にこれらの公的年金制度へ加入している事が条件となります。

しかし、初診日に20歳未満、もしくは日本国内に住所がある60歳から65歳未満の人の場合、年金制度に加入していない期間の初診日であっても、国民年金に加入していたのと同じ扱いになります。更に当然の事ですが、一定の傷害の状態にある事が認められなければなりません。 障害認定基準において対象外と記載されている傷病名はほんのわずかです。

神経症や人格障害は原則認定対象外ありますが、それ以外は認められています。障害年金を受給するには、それまでを詳細に説明する病歴や、就労状況の申立てなどの書類の作成が必要になります。その他にも医師の診断書や受診状況等の証明書など、様々な書類の提出があります。一人で手続きを行う場合は難しいので、できるだけ専門家に相談し代行してもらいましょう。

「参考サイト」白石社会保険労務士事務所