障害年金の種類

先程も述べたように、障害年金には障害基礎年金と障害厚生年金の2種類あります。ここでは、これらの障害年金について、ご説明します。

障害基礎年金は国民年金に加入し納付中、もしくは納付完了している人が病気やケガにより障害が残った場合、定められた傷害等級に認定されると受給できる年金です。主に自営業者や専業主婦、学生の人が対象になります。障害基礎年金は1級と2級のみで、1級の場合年間974,125円、2級の場合は年間779,300円になります。また、18歳到達年度末までの子供、20歳未満の障害等級1級もしくは2級の子供がいる場合、子供の加算もあります。

1級の場合の子どもの加算額は、2人目まで1人につき224,300円、3人目以降1人につき74,800円受給出来ます。障害厚生年金は1級から3級まであり、1級は報酬比例年金額×1、25、2級と3級は報酬比例年金学×1、0になります。1級または2級に該当した人は、同じ等級の障害基礎年金も支給されます。

障害厚生年金1級から3級に該当しなくても、一時金が支給される場合があります。更に、1級、2級に該当した人で、一定の要件を満たした配偶者がいる場合には配偶者加算もあり、年額224,300円が支給されます。